よくある質問

担保不動産の評価額の何%まで融資が受けられますか?
他社の場合、一般的には担保不動産の評価額の70%程度が融資可能金額とされていますが、当社では上限を70%~80%と設定しています。
この条件は、不動産の立地、利便性、建物の状況等により個別に判断されます。当然、お客様ご自身の返済能力によっても融資可能金額は異なりますのでご留意ください。
なぜ、建物の担保価値を最大限に評価することが可能なのですか。
他社が建物の担保価値を評価できない理由は、判断基準が「築年数」に限定されているからに他なりません。
当社では、長年培ってきた独自のノウハウにより、単純な「築年数」ではなく、建築時の工法や使用している建材、お客様の使用状況やリフォーム・修繕の状況、付帯設備の使用状況も加味して建物の価値を個別に判断することにより、最大限の評価をすることをモットーとしております。
借入時の諸費用はどんなものがかかりますか?
他社では、融資時に「融資取扱手数料」や「事務手数料」といった名目で融資金額の2~3%程度の手数料を徴収するケースが一般的ですが、当社では、借入時の手数料は一切不要です。ただし、借用証書に貼る印紙代、(根)抵当権設定登記の登記費用は別途必要となります。
また、担保物件(建物)の火災保険に加入する必要がある場合があります。
利率はどのように決まるのですか。
各商品の既定の利率の範囲内で、当社規定により決定します。
一般的には、融資額が小さければ利率は高く、融資額が大きければ利率は低く設定される傾向があります。
不動産上に銀行の1番抵当が付いていますが、2番順位での借り入れは可能ですか。
原則として1番順位での貸し出しとさせていただいておりますが、借入の残高によってはご融資が可能な場合もあります。詳細はご相談ください。